脱毛期間中にやった方が良いことは

まず、脱毛期間中にやった方が良いのが自己処理方法の見直しです。自己処理の方法が悪いと、肌にダメージが蓄積され、肌のトラブルが発生しやすくなります。場合によっては施術を受けられなくなることもあるので、毛抜きで処理したり、何も使わずにカミソリで剃ったりなど、間違ったやり方でムダ毛を処理するのはやめなければなりません。

また、脱毛で効果を高めたいならば、日頃から肌のメンテナンスをおこなうことも大切です。特に大事なのが、保湿ケアをおこなうということ。肌の水分が失われると、バリア機能が低下するだけでなく、肌の老化も進んでしまいます。脱毛後は施術の影響で肌が乾燥しやすくなっているので、いつも以上に保湿ケアを心がけることが大切です。

脱毛期間中にやってはいけないこと

脱毛期間中にやってはいけないことは、日焼けです。代表的な脱毛機器は、黒い色素に反応する波長のレーザーが用いられています。そのため、日焼けしてしまうと、肌にもレーザーが反応しやすくなり、火傷のリスクが高くなってしまうのです。また、脱毛後というのは少なからずダメージを受けており、肌は敏感な状態になっています。そうすると、少しの紫外線でも肌が日焼けしやすくなり、シミができる可能性も高くなるのです。

日焼けすると、効果が下がって予定通りに脱毛が終わらなくなったり、肌のトラブルが起きやすくなったりすることもあります。紫外線対策を徹底し、脱毛期間中に日焼けをするのは避けましょう。また、脱毛後に強い刺激や摩擦を与えると、毛嚢炎などの肌トラブルに繋がることもあります。脱毛期間中は、肌を大切に労わり、体を締め付ける服装はできるだけ避けるようにしましょう。